株式会社ITM 神崎工場労働安全衛生方針
私は、労働安全衛生対策を確立して、当工場で働く社員及び関係者の安全と健康を確保し、
それらの家庭を守ることが企業の発展、延いては社会に貢献することになるとの信念から、安全衛生第一を当工場の基本理念とします。
従業員との協議を尊重し、良好なコミュニケーションを図り、労働災害を防止します。
労働安全衛生関係法令および当社で定めた安全衛生規定類を遵守すると共に、必要な自主基準を設けていきます。
労働安全衛生マネジメントシステムに従って行う措置を従業員の意見を反映して適切に実施し、全従業員と協力の下、継続的な安全衛生水準の向上を目指します。
心と体の健康づくりを推進します。(メンタルヘルス、安全体操、健康診断、ストレスチェック)
ヒヤリハット、KY活動をさらに活性化するため、全従業員が参加できる環境を構築します。
リスクアセスメントを計画的に推進し、隠れた危険有害要因を除去又は低減します。
化学物質に関するリスクアセスメントに基づくリスク低減対策を実施します。
リフラクトリーセラミックファイバーの特化則規制に伴う必要な健康障害防止措置を実施します。
安全衛生方針は、ポスター、HP等で全従業員・関連会社・利害関係者・外部の要求者に開示します。
版:05 2017年1月5日
株式会社ITM 神崎工場
工場長 米倉 豊
印刷閉じる